2010年12月02日

Tech! Tech

<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/RnIvhlKT7SY?fs=1&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/RnIvhlKT7SY?fs=1&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="385"></embed></object>

はっきりいって
このマシニングで加工するための数値の打ち込みは神業だ!
でも、切削油つかってない.....
エコー技研にきてみようっと。
posted by aki at 20:38 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あ〜これね〜社内コンペかなんかで優勝した奴。
賞金10万で部材の仕入れで最初から赤字だった奴ね。
すごいよねこれ、確か市販したらいくらですかって質問があったけど、1000万ならやっていも言いといってたから、ものすげ〜大変なんだろうね。
Posted by ジャイアン at 2010年12月03日 06:36
家とはまた別業種ですが、なかなかと言うか最先端の技術を駆使してますね。

機械はDMG製(おそらくドイツ製)、CAD・CAMは小さい画面でわかりずらいですが、かなりの物使ってますね。

とりあえず金に糸目付けてないですね(笑)
羨ましいですな。

個人的には、国産機の工作機械でやって欲しかったですね。

安田工業か牧野フライスの工作機械だったら出来そうかな。

ちなみに、安田工業の機械は世界最高峰のマザーマシン(マザーマシンとは、工作機械のパーツ等を作る本元の機械)と言われて、外国企業が見学に来る位ですから。
Posted by 工場長 at 2010年12月03日 12:32
補足

切削油は多分セミドライ(ミスト状)ですから使ってないように見えるんですよ。
Posted by 工場長 at 2010年12月03日 12:36
もはや
バイク屋のブログではなくなっています
コメントがマニアックです
Posted by aki at 2010年12月03日 12:56
工場長さん
プロのご意見、恐縮です
でも安田工業のマザーマシンはどんなマシンが
作っているのでしょう?その機械を作るマザーマシンは?....
そのまたマザーマシンはどんなマザー.....?
眠れなくなりそうです。
Posted by aki at 2010年12月03日 13:11
ジャイアンさん
社内コンペ?1000万?もはや
ジャイアンさんのその情報量に感服です。

Posted by aki at 2010年12月03日 13:16
そうそう、50周年かなんかの社内コンペに
出すのに作ってみようって案が出て、
優勝しても賞金が10万くらいなのに、部材の
インゴットがすでに20数万しちゃったって、
インタビューを見た記憶があるよ。
まあその後いろんなトコで賞もらってるし、
ユーチューブのアクセス数も半端ないから、
宣伝広告とすれば破格に安いよね。
もし市販するならって聞かれて1000万ならって冗談で言ってた思う。
Posted by ジャイアン at 2010年12月03日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41944218
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック