2009年04月10日

ポジション

いくらなんでも最速を出したい気持ちはわかるけど
bathing suit bike.jpg


皮のツナギの縫い目に風が入ってしまい

裂けて抵抗になり

237キロしかでない! で、対策が

裸ですよ  Rollie Freeさん1948年のことです

このスタイルで241.905kをマーク

当時の世界最速を記録!

足、伸びてますねぇ〜

posted by aki at 17:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
減量が先ですね。。。
誰かさんかと思いました。。。
Posted by take at 2009年04月10日 22:02
こらぁ〜っ!
Posted by 店主 at 2009年04月10日 22:20
ん〜ポジションは大切だよね。
スポなんかは車体側のバランスがニュートラルだから、ハンドルの上げ下げで操作性に変化が
出るし、シートの上げ下げで車体のバランスに
影響が出る。
幅広のハンドルでちょっとアップライトにするとオフ車的な走りになるし、オイラのCRッぽイみたいにシート高を上げて、低いハンドルにして加重を前よりにするとグッとオンロードよりの走り方になるし、同じバイクでもポジションの変化は大きいから、乗り手が自分の求めているものが具体的じゃないと、アキちゃんみたいな仕事は文句ばかり言われて大変だよね(笑。
Posted by ジャイアン at 2009年04月11日 04:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28384903

この記事へのトラックバック